MENU

ムーモは何日おきに使用すればいいの?効果を長続きさせるコツも紹介

わきやうで、足やうなじなど全身の気になるムダ毛も、塗って洗い流すだけで処理できるのがムーモです。

 

しかし、永久脱毛ではないので何日おきにお手入れすれば良いのかが気になりますね。

 

ここではムーモは何日おきに使用すればよいのか、また効果を長続きさせるためのコツもご紹介しましょう。

 

ムーモは何日おきに使うの?

ムダ毛の毛根からしっかり除毛できるのが除毛クリームの良さですが、ムダ毛を溶かす働きがある有効成分が入っているので肌への負担も少なからずあります。

 

肌への負担を考えると、やはり出来るだけお手入れの回数は少なくしたいものです

 

ただ毛根からしっかり除去できるムーモは、カミソリや電気シェーバーで処理するよりもずっとお手入れの回数は少なくなります。

 

皮膚表面に出ているムダ毛しか処理できないカミソリや電気シェーバーだと、どうしてもぽつぽつと毛穴に毛が残ったままです。

 

翌日にはチクチクとすぐに毛が生えてきて気になるという人も多いでしょう。

 

また、カミソリよりも肌への負担が少ないと言われる電気シェーバーですが、カミソリほどの深剃りできないのでそれだけ頻繁なお手入れが必要になります

 

しかし深剃りできるカミソリは、それだけ皮膚も傷つけているので色素沈着したりと肌トラブルが起こるリスクが高まります。

 

手間いらずで毛根からしっかり除毛でき、ぽつぽつと毛穴に毛が残らないのがムーモの魅力でつるつる肌が長時間キープできます。

 

手入れの頻度もカミソリや電気シェーバーよりも少なくて済みますが、それでも定期的なお手入れは必要です。

 

除毛クリームの効果は3日〜1週間と言われている

ムーモはあくまでも、チオグリコール酸カルシウムの働きで毛を溶かして取り除く除毛クリームなので医療レーザー脱毛のような永久脱毛は期待できません。

 

ただ、皮膚表面の毛だけではなくて毛根から溶かして取り除くことが出来るので、効果の持続時間は長めです。

 

除毛クリームの効果は一般的に3日から1週間ほどと言われています。

 

もちろん個人差やお手入れする部位によっても違ってきますが、3日から1週間ほど効果が持続するので、使う頻度もそのくらいと考えてください。

 

皮膚表面に生えている毛を剃ることしかできないカミソリや電気シェーバーだと、ほぼ毎日お手入れしないとぽつぽつとすぐに毛が生えてくるでしょう。

 

しかし除毛クリームなら、最低でも3日は効果が持続します。

 

毛の量や毛質によって除毛クリームの効果の持続時間には個人差があり、もともと毛の量が少なく細い人は効果も長く続くでしょう。

 

また、ムダ毛の生えるスピードは部位によって違うので、除毛クリームの効果の持続時間も部位によって異なります。

 

どのくらい伸びたら気になるのかは人それぞれですし、部位によっても違ってくるでしょう。

 

やはり肌の露出が増える夏は、少しでもムダ毛が生えていると気になるのでこまめなお手入れが必要です。

 

特に夏には面倒でも、伸びるスピードが早い部位と遅い部位とで別々に除毛クリームを使うようにするのがおすすめです。

 

そうすることで長期間つるつるの肌が保てます。

 

ムーモは除毛効果の他に美容効果が含まれている

ムーモには除毛効果のある有効成分、チオグリコール酸カルシウムの他に美容効果のある成分が含まれていることも大きな魅力です。

 

チオグリコール酸カルシウムとは、たんぱく質を溶かす作用があるアルカリ性の成分で、除毛効果が認められている医薬部外品の有効成分になります。

 

この成分でムダ毛のたんぱく質を溶かして効率よく除毛していくのですが、クリームが肌にも触れるので肌荒れが起こるリスクもあります。

 

そのためムーモには美容成分がたっぷりと含まれているのです。

 

例えば、除毛後の肌を守るために保湿力の高い高級シアバターが配合されています

 

人間の皮脂ととてもよく似た性質を持つシアバターは肌に溶け込むように浸透してうるおいを与え、除毛によるダメージから皮膚を守ってくれます。

 

他に大豆エキスとシソエキスも配合されています。

 

大豆エキスは大豆の種子から抽出されるエキスで、イソフラボンやサポニンなどの有効成分が含まれています。

 

イソフラボンはコラーゲンやヒアルロン酸を活性化して肌にハリやうるおいを与えてくれる働きがあることから、エイジングケアの化粧品にも多く配合されています。

 

シソエキスはシソの葉のエキスを抽出したもので、毛穴を引き締める働きや抗酸化作用、美白や抗菌作用などがあります。

 

シアバターと大豆エキス、シソエキスの効果によって、除毛による肌ダメージを最小限に抑えることが出来ます。

 

ムダ毛は1日に0.2〜0.4ミリ伸びる

ムダ毛の生えるスピードは、先ほども紹介したように部位によって異なります。

 

毛には毛周期と言われるサイクルがあり、このサイクルが部位によって違うので生えるスピードも異なってくるのです。

 

毛周期には毛が伸びる成長期と成長が止まる退行期、そして抜け落ちて次に毛が生えるまでの休止期があり、これが繰り返されています。

 

一般的に腕や足、わきやVラインなどのムダ毛は毛周期が短めなので生えるスピードが早く、毛も濃くて太めです。

 

ですから頻繁に処理しないとすぐに気になってくる部位です。

 

具体的には、腕や足、わき、Vラインのムダ毛は1日に0.2ミリから0.4ミリほどは伸びます

 

そんなに早いの!とびっくりする人も多いでしょう。

 

皮膚表面に生えている毛しか処理できないカミソリや電気シェーバーでは、すぐにチクチクしてくるのは当然のことなのです。

 

毛根から処理できるムーモならつるつる肌の持続時間が長いですが、それでも1日に0.2ミリから0.4ミリほどは伸びているのでこまめなお手入れは必要です。

 

除毛クリームと抑毛クリームの違いは?

除毛クリームと似たアイテムに抑毛クリームがあります。

 

たんぱく質を溶かす有効成分の働きを利用してムダ毛を除去していくのが除毛クリームですが、抑毛クリームはムダ毛が成長するのを抑制する働きがあります。

 

除毛クリームのムーモならわずか5分ほどでムダ毛のないつるつる肌になれますが、抑毛クリームにはこのような即効性はありません。

 

抑毛クリームは2か月3か月と使い続けることで、効果が実感できるアイテムで、毛の成長に影響を与える有効成分が配合されています。

 

毛乳頭や毛母細胞の働きを抑える成分によって、少しずつ毛が生えるスピードを遅くすることが出来ます。

 

また、新しく生える毛を細く柔らかくする効果が期待できるのが抑毛クリームです。

 

抑毛クリームには毛の成長に影響を与える成分や保湿成分などが配合されていますが、代表的な成分としては大豆エキスやパイナップルエキスです。

 

大豆エキスには、先ほども紹介したように肌にハリやうるおいを与えるイソフラボンが含まれています。

 

このイソフラボンには女性ホルモンに似た作用があり発毛を抑制する働きも期待されます。

 

ですから多くの抑毛クリームにも配合されています。

 

パイナップルエキスにはセラミド生成やメラニン抑制、保湿などの優れた美容効果が期待できます。

 

即効性のある除毛クリームですが定期的なお手入れが必要で、毛質や毛の濃さによっては頻繁なお手入れが欠かせません

 

ですから、毛質を細くしたり生えるスピードを遅くしてくれる抑毛クリームと併用すればより効果的でしょう。

 

ムーモの除毛効果を長続きさせるコツとは?

毛を溶かし毛根からスルンと処理できるムーモですが、その除毛効果は永久に続くわけではありません。

 

3日から1週間が除毛効果が持続する目安ですが、少しでも長続きさせるためにはいくつかのコツが必要です。

 

肌への負担を減らすためにも、ムーモを上手に使って除毛効果を長続きさせましょう。

 

クリームをムラなく厚めに塗ること

ムーモの除毛効果を長続きさせるには、まずクリームをムラなく厚めに塗るのがポイントです。

 

毛を溶かす作用があるクリームなので、これをムダ毛が覆われるくらいに厚めに塗らないと効果も半減してしまいます。

 

もちろん塗り過ぎても意味はなく、肌へのダメージが大きくなるばかりです。

 

ですから効果を高めたいからと塗り過ぎてしまうのも問題です。

 

毛がしっかりと隠れるくらいに厚めに塗るのが除毛効果を高めるコツで、腕や足などの濃い毛の場合はサランラップを使うのもおすすめです

 

毛の量が多い人や広い範囲になると、クリームをムラなく塗ったつもりでもムラが出てくるものです。

 

ですから除毛クリームを塗った後にサランラップで覆えば隅々にまでクリームが行きわたりやすくなりますし、保湿力も高まります。

 

クリームを塗る場所の肌の汚れをしっかり落とす

肌の汚れをしっかりと落としてから使うことも除毛効果を高めるポイントになります。

 

汗や皮脂がそのまま残っている肌にクリームを塗っては効果が下がってしまいます。

 

汗や皮脂でクリームが弾かれてしまいせっかくの除毛効果が落ちてしまうので、ムーモを塗る前には石鹸で洗ったり蒸しタオルで汚れをキレイに落としましょう。

 

暑い夏には特に汗や皮脂で肌が汚れているので、面倒でもクリームを塗る前には腕や足など除毛したい部分はキレイにしましょう。

 

洗った後は、水分をしっかりふき取ることも忘れないでください。

 

このひと手間で除毛効果がアップして、次のお手入れまでの期間も長くなるでしょう。

 

清潔にした水気のない乾いた肌にムーモを塗れば、有効成分がしっかり効くので除毛効果も長続きします

 

クリームを塗ってからの放置時間を長くする

除毛したい部分にクリームをムラなく塗って5分ほど放置してから、クリームをティッシュでふき取り洗い流せば除毛できるのがムーモです。

 

放置時間は最短5分なので、ムーモの除毛効果を高めるならもう少し放置時間を長くしても良いでしょう。

 

一般的な除毛クリームの放置時間は、5分から10分ほどです。

 

放置する時間が長いほどにより有効成分の効き目も期待できますが、長すぎると今度は肌への負担が大きくなります。

 

やはりはじめは肌への負担が心配なので最短の5分くらいからはじめてみて、除毛できない毛があるようならもう少し放置時間を長くしてみましょう

 

しかし10分以上放置するのは危険です。

 

長くても放置時間は10分程度にして、時間がオーバーしないようにタイマーをセットしておくと安心ですね。

 

ムーモの評判ってどうなの?実際に使ってみた人達の口コミ

肌をいたわる美容成分もたっぷり配合された話題の除毛クリーム、ムーモは、夏を前に注文する人が殺到しています。

 

公式サイトでも在庫が非常に少なくなっていると紹介されているほどの人気ぶりですが、やはり試す前にチェックしておきたいのが実際に使った人の口コミです。

 

良い口コミ、悪い口コミどちらも紹介しますので参考にしてください。

 

ムーモの評判の良い口コミがこちら

ムーモには良い口コミがたくさん寄せられていました。

 

代表的な口コミをいくつかご紹介します。

 

・・2週間は処理要らずに

除毛クリーム特有の刺激のあるニオイもなくて、ラクにムダ毛の処理ができます。

 

伸びも良くてムダ毛が一気に溶けていきます。

 

これでお手入れすれば2週間は処理する必要がなくなります。(30代 女性)

 

・・肌がすべすべになる

除毛効果はばっちりで、塗って洗い流すだけでムダ毛がなくなります。

 

保湿成分がたっぷり入っているから、お手入れ後の肌も乾燥しなくてすべすべになります。(20代 女性)

 

このようにムダ毛の処理がラクになり、不快なニオイや肌ダメージもないと好評です。

 

ムーモの評判の悪い口コミがこちら

 

良い口コミがたくさんあったものの、悪い口コミもありました。

 

・・毛がまばらに残る

塗って5分放置して洗い流すだけと紹介されていたので簡単そうだなと思っていたのですが、私の場合毛が濃いからか5分ではとても除毛できません

 

10分ほど放置していても、まだ毛がまばらに残っています。

 

もう少ししっかりと除毛できれば良いなと思います。(30代 女性)

 

・・肌がヒリヒリする

シアバターが入っていて肌に優しそうだったので試してみたのですが、肌が少しヒリヒリしました。

 

もともと肌が弱いので注意はしていたのですが、使用してからしばらくすると赤みも出てしまうので使うのを中止しています。(20代 女性)

 

毛の濃い人はクリームをたっぷり目に塗ったり、肌が弱い人は事前にパッチテストをした方が良さそうですね。

 

まとめ

毛根から毛を溶かす作用があるムーモは、カミソリや電気シェーバーほどの頻繁なお手入れは必要ありません。

 

お手入れの頻度は個人差や部位によっても違いがありますが、3日から1週間に1回が目安となります。

 

クリームを肌にムラなく厚めに塗ることや肌を清潔にしてから使うなど、ムーモの除毛効果を長続きさせるためにはいくつかのコツもあります。

 

保湿効果の高いシアバターや抑毛効果のある大豆エキスなど贅沢な美容成分も配合されたムーモは、ネット通販でもかなり売れています

 

口コミでもお手入れがラクで肌もすべすべになるなどの良い口コミがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。