MENU

自宅エステでつるん肌「ムーモ」の実践レビュー

生足を晒すための最大の障害、それこそ「ムダ毛」です。

 

自分で脱毛するのも手間、エステ脱毛は高い……そんな人のための自宅エステ用除毛クリーム「ムーモ」を実践レビューします。

 

 

ムダ毛処理に悩む方、濃い毛に悩む方。

 

男性もそうですが、特に女性で足の毛が濃い事はとても大きなコンプレックスになり得ます。

 

しかしムダ毛処理をエステでしようとすると高い、そんな人のために、自宅でエステと同じようなつるん肌を実現できる除毛クリーム「ムーモ」と体験談をご紹介します。

 

ムダ毛の原因

ムダ毛……ようは邪魔な体毛の事。

 

男性よりも女性の方が体毛が薄い事が多いものの、かといって全くムダ毛が生えないということはありません。

 

それこそ中には男性よりも毛深くて困っているという人だって居ます。

 

 

なまじ女性は体毛がほとんど無い、というのが当たり前・無いほうが綺麗だというような一般認識があるため、体毛自体がコンプレックスになることも珍しくありません。

 

そしてムダ毛が見えなくなるように処理をする。

 

しかし毛というものは毛根が存在する限りずっと生えてきます。

 

 

更に体質によっては、毛を剃る事で逆に毛が太くなることもあります

 

まずはそもそもムダ毛が生える原因について知りましょう。

 

何故ムダ毛が生えるのか?

なぜムダ毛が生えるのかという事を解説するためには、まず「毛」というものの機能を解説しなければなりません。

 

人は毛のある生物の中でも、体毛がある部位、正確には体毛が濃い部分が比較的少ない生物であるといえるでしょう。

 

例えば人と近い動物であるチンパンジーなどはほぼ全身に毛が濃く生えていますよね。

 

 

基本的に毛というものは生物において重要な物です。

 

体毛というのは体温を保ったり、紫外線から皮膚を守ったりという、肌を守るために存在しています

 

 

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

 

そして進化によって人間の体毛は薄くなりましたが、身体的に重要な部位には毛が生えるようになっています。

 

例えば頭髪、頭は勿論人間が人間として活動する上で「核」とも言えるような部位です。

 

脳がある頭部を守るために頭髪があると言えます。

 

 

次に脇、脇毛が生えるのは肌の摩擦から守るために、そして陰毛は生殖器を守るために、それぞれ生えているのです

 

他にも汗を排出しやすくするといった機能もあります。

 

 

つまり肌を守るために毛が生える……わけなのですが、人間とは厄介なもので、そんな事お構いなしに見た目の印象を優先してしまいます。

 

別に悪いことではありません、野生動物ですら見た目を整えて求愛や威嚇に備えるのですから、見た目を優先することはおかしいことではありません。

 

しかし身体の方もそんな事知ったことではないと、剃られれば再び毛を生やします。

 

毛が生える・濃くなる原因

毛が生える理由は以上の通り、続いて毛が生える「原因」を見ていきましょう。

 

原因を知ることで、脱毛方法に役立てることができますし、ある程度脱毛商品の効果の理屈を理解できます。

 

知らずに使うより、知って使った方が効果があるかどうか、問題があったときに何が原因かを把握しやすくなります。

 

遺伝的な原因

禿もそうですが、毛が濃くなる・薄くなるというのは遺伝的な原因があったりもします

 

母親、父親はそんなに毛が濃いわけじゃないという場合であっても、「隔離遺伝」というものがあるため、遺伝によって体毛が濃いという可能性はあり得ます。

 

この場合、遺伝は現在の科学ではどうしようも無いため、永久脱毛でもしない限りは悩まされ続けることになるでしょう。

 

男性ホルモンの量

体毛に密接に関わってくるのが「男性ホルモン」です。

 

男性の禿の原因でもある男性ホルモン、毛が抜けるだけではなく毛が生える事にも関わってくるのです。

 

というのも、確かに禿の原因は男性ホルモンによるもので間違いはありません。

 

しかし、男性ホルモンによる脱毛は「頭髪」だけに影響するものであり、他の部分の毛はむしろ濃くなります

 

 

女性であれば女性ホルモンの方が多いのでは?と考える方も多いでしょう。

 

実際ホルモンバランスとしては女性ホルモンの方が多くなります。

 

しかし、女性ホルモンは加齢などによって分泌量が減るのに対して男性ホルモンの分泌量は変わりません。

 

そのため、相対的に男性ホルモンの量が増えることにより、毛が濃くなったりムダ毛が生えるようになったりするというわけです。

 

環境による変化

人間に限らず生物は環境に適応しようとします。

 

暑い場所なら毛が薄くなったり、あるいは細くなったりするのに対し、寒い場所の生物なら毛が太く長くなったりします。

 

人間も同じで、寒くなると毛深くなります。

 

 

また、毛の本来の機能である紫外線から肌を守るという機能が働く、つまり紫外線が多くなると毛が生えるようになります。

 

毛の生える量の他にも、怪我などによって皮膚が損傷すると、修復のためにメラニン色素が分泌され、毛が太くなります。

 

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

体毛の悩みの原因は殆ど「ホルモンバランス」によるもの

以上の原因の内、主に体毛の悩みとして多いのは「ホルモンバランス」によるもの。

 

というのも、加齢によって女性ホルモンが減ることで相対的に男性ホルモンが増えると解説しましたが、他にもホルモンバランスが乱れる原因はたくさん存在しているのです。

 

 

例えばダイエットなんかが最たる例であると言えます。

 

実は女性ホルモンを作るのは体脂肪であり、ダイエットとは体脂肪を減らすことです。

 

そのため、女性として一般的な細い身体を目指すと、逆に体脂肪が減って女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスを崩すことに繋がります。

 

 

女性の殆どが体重や体脂肪を気にしてダイエットをすることがある事でしょう。

 

しかし、それが逆に女性らしさを失う原因にもなりかねないのです。

 

 

また、食事制限ダイエットをしている人にも当てはまる問題として、食生活、つまり栄養バランスの乱れもホルモンバランスに影響を与えます。

 

偏った食事や、ジャンクフード・コンビニ弁当などで食事を済ませている方は危険です。

 

 

他にも、不規則な生活はホルモンバランしうが乱れる原因となります

 

ストレス・喫煙・運動不足・寝不足など。

 

これら生活習慣の乱れ、不健康な生活によってホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンによってムダ毛が生えたり、濃くなったりします。

 

また、卵巣の病気などでも男性ホルモンが過剰に分泌されたりします。

 

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

ムダ毛の対策

それではムダ毛の一般的な対策方法について解説しましょう。

 

今回レビューするムーモは除毛クリーム、つまりクリームを塗ることで脱毛します。

 

が、勿論他にもムダ毛を処理する方法はありますし、ムダ毛が生えないように・生えにくくなるようにすることも可能です。

 

ピンセットなど、自力で抜く

1つ目はこちらの方法、ピンセットで抜いたり、カミソリで剃ったりするといった方法でムダ毛を処理するといった方法です。

 

道具さえあれば良いため、安上がりで済むというメリットがありますが、同時に毛が濃くなる危険性も孕んでいます

 

また、こういった刺激は肌ストレスにもなってしまうため、結果的に肌にダメージを与えてしまうことにも繋がります。

 

更には上手く抜けなかった毛が中に潜り込んでしまったり、色素沈着の原因になったりと、綺麗にしようとした結果汚くなってしまう事もあります。

 

身体を冷やさない、紫外線にさらさない

その場の環境に適応して毛を生やそうとする生理現象でムダ毛が生えてしまうのであれば、その環境に対策を打てば良いだけの事。

 

寒いと暖かくなるために毛が生えるのであれば、身体を冷やさないようにする。

 

これは何も秋や冬だけではなく、夏場もクーラーの効きすぎが原因になる可能性もあるため、夏場もクーラーの効かせすぎには注意しましょう。

 

次に紫外線、紫外線は日差しが強い日は勿論、曇りの日でも容赦なく降り注ぎます。

 

紫外線を防ぐのであれば肌の露出は減らすこと、といっても夏場に長袖なんて着ていられませんよね。

 

そんな時はUVカットクリームなどで対処しましょう。

 

脱毛サロンを利用する

美容エステの1つである「脱毛サロン」を利用するという対処法。

 

脱毛サロン、名前の通りムダ毛の脱毛を行ってくれる美容エステサロン。

 

しかし、実はこの脱毛サロン、危険性があるという事をご存知ですか?

 

 

脱毛をしてくれる施設は「エステサロン」と「医療脱毛クリニック」の2種類存在します

 

この2つの違いは、「使用できる装置とそれを使用するスタッフ」にあります。

 

 

脱毛行為は医療行為にあたります。

 

自分でする分には構いませんが、人に行う場合は医療免許が必要になります。

 

また、脱毛行為に使用する器具、レーザー脱毛機やフラッシュ脱毛器なんかも、エステサロンにおいては出力が制限されています。

 

 

そして、医療行為である以上医療免許が必要と解説したように、施術を行うスタッフにも医療免許が必要とされます

 

しかし、エステサロンで実際に施術を行うのがバイトの、医療免許すら持っていない素人が行う場合があります。
もちろん全部が全部そんなエステサロンばかりではありません。

 

 

が、やはり効果・安全性は医療脱毛に劣ります。

 

価格が安い、というのはメリットですが、価格が安いからと選んで火傷する羽目になっては意味がないでしょう。

 

生活習慣を整える

ダイエットにしろ、ムダ毛にしろ、大抵の悩みは生活習慣を整えることで解決します。

 

健康的な食生活、適度のストレスを感じられる健全な日常生活、そして適度の運動

 

最適な生活、それができたら苦労はしないでしょう。

 

しかしだからといって努力をしない理由にはなりませんね。

 

食事であれば、できるだけ偏食をしない、ジャンクフードやコンビニ弁当などを主食にしない

 

ストレスが溜まる環境、仕事や家族関係、友人や同僚、上司との人間関係、生活環境などのストレスも、溜まるものは仕方ありません。

 

なら、溜まった分をしっかりと発散しましょう。

 

運動に関しても、最適なのは毎日適度な運動をすることは難しいでしょう。

 

ただ、毎日は無理でも土日祝、休日に軽くジョギングしてみるだけでも違います。

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

最終的な選択肢は永久脱毛

本当にムダ毛を無くしたいという方は、永久脱毛をすることを進めます。

 

基本的に毛が生えなくなる頃にはもうよぼよぼのおばあちゃんになっているか、あるいは何かしら大怪我や大火傷を負って毛根が機能しなくなるといった。

 

率直に言ってしまえば「健常ではない状態」にでもならない限り、ムダ毛の悩みというものはずっとつきまとい続けます。

 

だからこそ、最終的かつ究極的な選択肢は永久脱毛しか存在しません。

 

しかし永久脱毛もそう簡単にはできません。

 

通院しなければならないという時間的な問題、全身脱毛一年間で平均約29万円という価格的な問題。

 

誰にでもできるような手段ではありません。

 

しかし、どうしてもムダ毛処理が面倒くさい、処理しても処理しても効果が薄い!という人は、永久脱毛も選択肢の1つとして考えておきましょう。

 

痛みが無く、脱毛エステや医療脱毛よりも費用が安く済む代わりに、永久脱毛効果を期待できず処理の手間が必要な脱毛製品

 

ある程度の期間と、相応の費用が必要かつ、医療レーザー脱毛の場合は痛みもある代わりに、施術が終了すれば効果が続く永久脱毛。

 

どちらを選ぶかは自由ですが、しっかりと考えてから選ぶようにしましょう。

 

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

ムーモ(ムーモ)とは?

それでは今回レビューするムーモについて解説していきましょう。

 

ムーモは除毛クリームという脱毛製品です。

 

除毛クリームと書かれていたり、あるいは脱毛クリームと書かれていたりと表記が安定しないクリーム系脱毛美容品。

 

 

除毛クリームも脱毛クリームも、名前が違うだけで同じようなものであると言えるでしょう。

 

商品によって多少の成分の差があれど、基本的にはタンパク質を溶かす成分を主成分として、毛を処理するという仕組みのため、基本的な原理は同じと考えて良いでしょう。

 

ムーモもその例にもれず、「チオグリコール酸カルシウム」という成分で除毛を行います。

 

 

除毛クリームというだけあって、クリーム状で除毛部分に塗った後、5分放置してから洗い流すという簡単な使用法です。

 

公式サイトで効果の比較が書かれていますが、従来の除毛クリームが「ツンとした嫌な匂い・抑毛効果なし・保湿力なし・肌ダメージあり」としているのに対し、ムーモは「ラベンダーの香り・抑毛効果あり・保湿力あり・肌ダメージなし」と書かれています。

 

果たして本当にそうなのか、成分を見ていきましょう。

 

 

 

ムーモの成分

ムーモの成分の内、除毛の主成分となるのが前述した「チオグリコール酸カルシウム」という成分です。

 

このチオグリコール酸は毛に含まれるタンパク質を溶かすことで、毛の根本から溶かして除毛を行うことができます

 

 

ただ、タンパク質を溶かすとあるように、使い方を誤ると危険な成分でもあります。

 

ご存知の通り、人体の殆どがタンパク質で構成されています。

 

毛は勿論、皮膚や肉はタンパク質の塊と言っても過言ではありません。

 

 

そのため、このチオグリコール酸を含む物を長時間皮膚に付けていると、皮膚のタンパク質が分解されてしまうという危険性があります。

 

大抵は日焼け跡のようなヒリヒリとした痛みが出るため、悪化するまえに気づきますが、それでも気づかない場合は傷が膿んだりする可能性もあるため、利用する際はきちんと時間を守るようにしましょう。

 

 

あくまで長時間つけていると危ない、というだけでありきちんと時間…ムーモの場合は5分という時間を守ってさえいれば問題はありません。

 

タンパク質を分解する・肌に影響があるという事から、敏感肌の方は利用できないと思っている方も居るのではないのでしょうか?

 

 

確かに敏感肌の方には使えない除毛クリームも存在しますが、近年の除毛クリームは乾燥肌の方にも使えるものが増えています。

 

このムーモも敏感肌の方でも利用が可能です

 

 

ただ、他の美容品と同様、こちらも体質などによって相性が変わってきます。

 

極端な話、99%の人が安全に使えても、1%の人が何らかの異常をきたす可能性が絶対に存在しています。

 

それこそ薬だって、何にだって効く万能薬は存在しません。何かの薬も、その病気が発症していない健常状態で服用すると毒になります。

 

 

ムーモなどの除毛クリームが自分にとって問題ないかどうかは、まず手のひらなどに軽く塗った後、5分経ったら洗い流し、その後24時間経過して腫れ・かゆみ・むくみなどの肌トラブルが発生しなければ問題なし。

 

逆にこれら肌トラブルが発生した場合は使用しないほうが良いでしょう。

 

このチェックは使用する前に必ずしておきましょう。

 

でなければ、もし普通に使用してふくらはぎ全体に塗ったとしましょう。

 

合わなかった場合どうなるか……赤くなるだけならまだマシ、酷い時は全体が炎症して見るも無残な状態になってしまうでしょう。

 

これに限らず美容品はまずチェックしてみるところから始めた方が良いでしょう。

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

 

ムーモの実践レビュー

ではムーモの実践レビューを開始します。

 

今回利用するのは単品、割引がされるトクトクコースというものが存在していますが、上記の通り肌に合わない場合は利用できないため、初回はやはり単品購入で様子を見ないといけません。

 

 

ちなみにトクトクコースは「1本トクトクコース」と「2+1本トクトクコース」の2種類あります。

 

「1本トクトクコース」は、初回85%割引の980円、2回目以降は30%割引の4620円。

 

「2+1本トクトクコース」は初回90%割引の1960円、2回目以降は53%割引の9240円。

 

どちらも4回目までは継続が必要なため、解約できるのは5回目からになります。

 

流石に1本トクトクコースでも3本使えない分が出ても困りますし、オークションで捌けようにも結局は無駄が多くなってしまいます。

 

 

そんなわけで利用開始してみました。

 

まずはデザイン、デザインはシンプルでラベンダーの香りに合わせた淡い紫色と薄紫色の2色でまとめられています。

 

この点に関しては可もなく不可もなく、派手過ぎず、落ち着いた女性らしさを感じられる一方で、高級感などは若干物足りない感じもします。

 

まぁデザインに関しては好みの範疇でしょう。

 

 

クリームは白色で、ちょっと硬めのテクスチャーです。

 

香りに関しては薬品のような香りや、ツンとした刺激臭ではなく、柔らかいラベンダーの香りです

 

香水のようにどぎつい香りでもなく、ラベンダーティーなんかの落ち着いた香りです。

 

 

まずは上記の通り、肌に合うかどうかのチェックです。

 

手のひらに500円玉サイズ程度に塗って5分放置後に洗い流します。

 

ただ、硬めのテクスチャーであると説明した通り、ただ水で流すだけでは洗い流せないため、まずはティッシュかなにかで拭き取った後に水で洗う必要があります。

 

 

そこからまる1日放置、結果としてはかゆみも肌荒れも起きませんでした。

 

というわけで本格的に利用することにしました。

 

今回除毛するのはふくらはぎです。

 

デリケートゾーン・脇・ビキニラインなどの除毛は場所が場所なので塗りにくかったり、あるいはデリケートな部分なので、まずはふくらはぎで効果と数日利用した際の変化を確認しようという目的があります。

 

 

というわけでふくらはぎに全体的に塗りました。

 

やはり固め、という事もあり塗ったあとそのまま水で流そうとしても逆に流れなくなって苦労しました

 

素直にティッシュかなにかで拭った後に洗い流したほうがいいですね。

 

ただ、これを使ったのはいつものようにお風呂場で、身体を洗った後にムダ毛処理をするタイミングだったため、普通のティッシュを持ち込めなかった、というのが苦労した理由だったりもします。

 

この場合、何で拭えばいいのか……諦めてタオルか何かでも使うことにしましたが、ウォーターティッシュなどが有用なのかもしれませんね。

 

さて、初回利用の結果としては上々。

 

元々処理していた事もあって、少なくとも目に見える範囲の毛はすべて処理できました。

 

流し終わった後も、カピカピした感じや腫れ・肌荒れも感じません

 

保湿成分があるとの事で、確かにいつもよりもお風呂上がりの肌がしっとりしているような気がしないでもありません。

 

まぁ、一回で実感できるような美容品も中々ありませんし、おそらくは気のせいでしょう。

 

除毛効果は確認できました。

 

次はムーモが従来の除毛クリームとは違う点としている「抑毛効果」について確認していきます。

 

抑毛効果は文字通り毛は生えることを抑制するという効果です

 

これによる永久脱毛効果は期待できませんが、毛の生える周期を遅らせることで処理の手間をへらすことができます。

 

1本で1ヶ月分とのことなので、1週間使用し、翌週の毛の生え具合を確認する事で抑毛効果の検証をします。

 

 

基本的に1週間もあれば少しずつ毛が見え隠れする程度には確認できるため、2週間目の毛の生え具合と、4週間目の毛の生え具合を比較します。

 

最初の1週間の継続利用、問題なく除毛効果は発揮され、つるつるの足を維持できています。

 

そして2週間目、使わずに放置してみたところ、週の終わりにはぽつぽつと生え始めた黒い部分が見えるようになりました。

 

次に3週間目、1週間続けて利用した後、4週間目の毛の生え具合を比較します。

 

結果として、僅かな差でしたが、確かに毛の生えている数や、生え具合が抑制されていました。

 

総評は「肌への影響も少なく、しっかりと使用量を守っていれば効果あり」です。

 

問題としてはやはり「水だけで洗い流しにくい」という事でしょうか。

 

こそぎ落とすようにすれば落とせなくもありませんが、肌へは悪影響でしょう。

 

また、除毛クリームとしては少々お高い気がしますが、抑毛効果があるため、毎日使わなくても良い事を考えると、一本1ヶ月以上使えるかもしれません。

 

もっとも、美容品にも消費期限が存在するため、ケチケチしていては逆にクリーム自体がダメになって、肌への悪影響を及ぼす可能性もあるため、注意しましょう。

 

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

ムーモの他の体験談

続いて他の体験談もご紹介しましょう。

 

美容品は人の体質で効果の有無は勿論、合うか合わないかも変わります。

 

できる限り自分に近い体質・環境の方が参考にしやすいでしょう。

 

3ヶ月利用したらいろいろ改善された

普段はシェーバーを利用しており、濃いムダ毛が目立つようになってきたため、これをどうにかしようとムーモを利用することにしました。

 

1ヶ月利用して効果があったら継続しようと考え、結果として3ヶ月の継続利用となりました。

 

まず最初の1ヶ月、初回利用では確かに除毛効果がありましたが、完全に除毛はできず濃いムダ毛が残り、シェーバーで剃ることになりました。

 

臭いも気にならず、ラベンダーの香りは落ち着きます。

 

大体2日でまた毛が生えてきたため、3日ごとに使用していきました。

 

1ヶ月利用してみた感想は、まず毛が明らかに細くなりました。

 

濃いムダ毛があまり生えてこず、生えるスピードも誤差範囲ですが遅くなっている気がします。

 

シェーバーだけのときよりも洗い終わりの肌の質感がいいため、肌にも優しいのだと感じられました。

 

そして継続を決定し、3ヶ月利用を続けた結果。

 

まず、一回の使用で足の毛はほぼすべて除毛できるようになり、明らかに生えてくる毛の量も減ってきました。

 

また、生えてきた毛も目立たず、気にならない程。

 

脇に関してはまだ抜けない毛もありましたが、それでもだいぶ改善されました。

 

何より肌への刺激が少なくなったからか、これまでよりもつるつるとした手触りが感じられるようになりました

 

少々刺激を感じる

低刺激の除毛クリームと聞いて買ってみました。

 

敏感肌な上乾燥肌の上、今まで処理するときも肌を痛めたりして苦労していたので、できるかぎり肌への刺激が少ないほうが良いな、と思いこのムーモにいきつきました。

 

匂いもラベンダーの香りで気にならず、ひとまず塗ってみたところで痛みも違和感も感じません。

 

ただ、使用する時間である「5分」まで塗っておくと、若干ぴりぴりと刺激を感じてしまいます。

 

洗い流してみたところ特に腫れはありませんでした。

 

2回目以降は3,4分で洗い流すようにしていますが、敏感肌の方は少々気をつけたほうが良いかも知れません

 

今の所問題なく使用できていますが、やはり5分以上放置してしまうとどうなるのかを考えてしまい、少々怖いと感じてしまいます。

 

【ムーモ(MooMo)】自宅で簡単除毛クリーム!4週間実践と口コミ徹底レビュー!エステとどう違う?

 

 

ムーモの口コミ

続いてムーモの口コミを見ていきましょう。

 

口コミは体験談ほど具体性はありませんが、その分同じような内容の口コミがあるという数による信憑性を得られます。

 

多数決に問題があるといったお話はさておくとして、基本的に意見が多い事が正しいというのがこの民主主義社会の基本です。

 

実際に利用していない人が口コミを書いていることもありますが、それでも1つしか無い意見と、100人が同じような内容の意見であれば、どちらに信憑性があるか、考えるまでもありません。

 

勿論鵜呑みにしてはいけませんが、参考にはなります。

 

公平を期すため、良い口コミと悪い口コミの両方をご紹介します。

 

また、基本的に同意見が存在する口コミのみを取り上げます。

 

ムーモの良い口コミ

まずは良い口コミの方から見ていきましょう。

 

ムーモの口コミの中でも多いのは「刺激がない」というものでしょうか。

 

勿論これはきっちり、使用時間を守った上での話です。

 

5分以上つけっぱで痛む、というのは自己責任なので刺激が云々の話には含みません。

 

ムーモは従来の除毛クリームよりも低刺激で、肌の影響は最小限に収められています

 

少なくとも、シェーバーで毛をそったりするよりは低刺激であると言えるでしょう

 

次に「香りが良い」というもの。

 

ハーブティーの一種としても親しまれ、芳香剤のフレーバーとしても良く利用されているラベンダーの香りが採用されています。

 

ただの香料というだけではなく、成分としてラベンダーに含まれる美容成分も用いられています。

 

ムーモの悪い口コミ

続いて悪い口コミも見ていきましょう。

 

ムーモの悪い口コミで多いのは「高い」ということでしょうか

 

除毛クリームの中では比較的高めの価格設定である税別6600円

 

トクトクコースならお得に買えますが、最低でも4回の継続利用が必要なため、15000〜30000円が必要経費となります。

 

永久脱毛や脱毛サロンと比較すればこれでも破格な安さではあるものの、はやり価格に関しては安い方が何かと手が出しやすいというのも事実でしょう。

 

他にも「ピリピリする・刺激を感じる」という口コミ。

 

コレに関しては個人差もあります。

 

上記の通り、まずは手のひらなどで軽く塗って試してみてから利用するようにしましょう。

 

また、5分以上放置することで皮膚のタンパク質が分解され、それによって痛みを感じる可能性もあります。

 

危険なので、できるかぎりなにかしながら時間を潰す、といったような事はせず、きっかり5分測っておくことをおすすめします

 

まとめ

以上、ムーモの実践レビューでした。

 

除毛クリームとしては少々お高めながらも、科学的に除毛効果が認められている成分を利用していることで確かな効果がありました。

 

また、シェーバーやカミソリ、ピンセットなんかで抜いたり剃ったりするよりも肌に優しく、保湿成分も有しているため、おすすめです